英語

【動画で勉強】英語学習に最適なYouTubeチャンネル10選

投稿日:

【動画で勉強】英語学習に最適なYouTubeチャンネル10選

YouTubeで英語を勉強

・YouTubeを使って英語を勉強したいけどどの動画が最適なの?

・動画でネイティブが使うナチュラルな英語が学びたい

・自分のレベルや興味に合ったYouTubeチャンネルやユーチューバーが知りたい

こういったギモンや要望を抱えている方に朗報です。本記事でお答えします。

 

本記事の内容

  • 動画で英語勉強法を知る(初心者~中級者向き)YouTubeチャンネル
  • 動画で英語のニュアンスを学ぶ(初心者~中級者向き)YouTubeチャンネル
  • 動画でネイティブのリアルな英語を学ぶ(中級者~上級向き)YouTubeチャンネル
  • 動画でプレゼン・教養・試験対策(中上級者~上級者向け)YouTubeチャンネル

この記事を書いている僕は、フィリピンの語学学校で4年間、日本人学生へのカウンセリング、学習法指導、基礎文法/音読クラスの講師を担当し、その中で学生にはYouTubeを使った勉強をおススメしていました。

日本人が英語を習得する過程で、レベルごとに必要な知識や練習は、英語学習のエキスパートやネイティブから学ぶほうが効率がいいことがあります。一人で机に向かって勉強するだけでなく、YouTubeを使った勉強法を織り交ぜることによってモチベーションを保つ効果も期待できます。

今回はその中から目的別、レベル別に厳選した10チャンネルをご紹介します。

 

動画で英語勉強法を知るYouTubeチャンネル(初心者~中級者向き)

まず最初に紹介するのは英語の勉強法、学習法、コツを教えてくれるチャンネルです。日本人が英語を勉強する際にぶつかる壁を、日本人の英語学習者の目線で伝えてくれます。

ここで紹介する2人のユーチューバーに共通するのは「非ネイティブ」で「英語を日本で学んでペラペラ」になったということです。その彼らが実践した勉強法や心構えをわかりやすく解説してくれています。そして何よりもお二人の英語の上手さ!日本人が英語を話している感じは無く、とってもスムーズで心地の良い、まるで音楽のような英語です。

Rachel and Jun

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/dW4cWX505fA

上の動画には登場しませんが、Rachelさんはアメリカ生まれのネイティブスピーカーです。Junさんは日本生まれ、日本育ちの生粋の日本人

中学校の頃、英語は青点(赤点の半分のことらしい)を取るくらい苦手だったようですが、英語そのものは好きということで大学は外国語学部英語学科に進んだそうです。しかし最初は全く話せず、帰国子女を3か月で言い負かすという目標を立て、Junさんが喋れるようになるまでのストーリーとそのメソッドを教えてくれます。

また国際結婚というテーマで価値観の違いなどもシェアしてくれているので、文化理解にも役立ちます。

 

Atsu英語

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/BHNPcxV1vw0

こちらのAstuさん、非ネイティブにも関わらずIETLSオーバーオール8.5、TOFEL iBT 114、TOEIC満点、英検一級などありとあらゆる英語資格で日本人離れしたスコアを持った方です。

現在26歳、オーストラリアで監査のお仕事をされているようです。Astuさんの動画では体系的な学習法、目的にあった的確な教材の紹介、オリジナルのメソッドを詳しく解説してくれています。僕もAtsuさんの動画で英語学習法に関して研究させてもらい、実践した一人です。

Atsuさんの動画の中でも特に特徴的なのがこちらです。

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/TGIPxE4FjBg

この「独り言学習法」です。ぜひ見て、一度試して見てください!僕もシャワーを浴びてるときによくやってました!

 

動画で英語のニュアンスを学ぶYouTubeチャンネル(初心者~中級者向き)

このジャンルで紹介するのは、日本語とは異なる英語のニュアンスや表現を帰国子女やハーフの方、日本滞在歴の長いネイティブが教えてくれるチャンネルです。ネイティブの視点で日本人のつまずきやすい点に焦点を絞ってくれているので非常にわかりやすいのが特徴です。

「これは使える!」と感じたらメモを取って、自分の英語に取り入れるという努力も忘れないでくださいね。

 

バイリンガール英会話

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/q5CE-G6u_VU

今や日本を代表する人気ユーチューバーとなった、アメリカ・シアトル育ちの帰国子女Chikaさん。チャンネル創設当初は英語のニュアンスに関する動画を数多く配信し、今では世界各国に旅行をしたり、その土地の情報をシェアしたり、リアルな英会話をカワイイ動画の中で見せてくれます。

もちろん今でも日本人が陥りやすい間違いや、ネイティブ英語のニュアンスの捉え方をわかりやすく解説して教えてくれています。僕が留学中によく見ていたのは「○○って英語でなんていうの?」というような、日常生活によく登場するんだけど、英語でどういえばいいのかわからない、という表現を紹介してくれている動画です。

 

Hapa英会話

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/Kik891P6shM

アメリカと日本のハーフのJunさんがネイティブが使うナチュラルな英語がどんなものなのか、それを日本語でのニュアンスを交えつつ教えてくれます。また日本人が持つ英語に対する素朴な疑問にも素敵な笑顔で答えてくれているので、見ていて全く飽きません!『最近同じような表現を使いすぎて飽きてきたなー』っと思ってきた時に役に立つ、有益な情報が詰まっていますので、インプットとしても活用できます。

公式ホームページもあるのでこちらもよければチェック!

(外部リンク:https://hapaeikaiwa.com/

 

Only in Japan

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/8YU0s5WAFr0

こちらのチャンネル、実は日本に興味を持つ海外の方向けですが、これも英語学習に使えちゃいます。

留学を経験したことのある方なら身に覚えがあるかもしれまんが、日本のことを英語で説明するのって実は結構難しいんです。英語っていうこともあるけど、日本のことなのにそもそも知らなかったなんてこともあります。そんな時にこのチャンネルではそれをしっかり英語で伝えてくれています。「あー、これは英語でこうやって言うんだな」という再発見につながるチャンネルです。

このチャンネル以外にも日本旅行者向けにたくさんのユーチューバーが英語で日本を紹介してくれていますので、我々も負けていられません。

 

動画でネイティブのリアルな英語を学ぶYouTubeチャンネル(中級者~上級向き)

英語を学習する上で忘れてはならないのが、ネイティブスピーカーが実生活でどのような英語を使っているかということ。

ドラマや映画はスクリプトが用意されているため、よりリアルさを求めるのであればセリフの用意されていないものがベストです。さらに注目すべきは言葉だけではなく、その表情、身振り手振り、リアクションです。「対面コミュニケーションの9割は非言語である」と言われることもあります。オーバーに見えることもあるかもしれませんが、それが彼らネイティブの表現方法なんです。郷に入っては郷に従え、英語を学習するのであれば英語を使う人のアクションも是非学びましょう。

 

The Ellen Show

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/KaRqqVDAaQo

2003年より放送されているThe Ellen Show(エレンの部屋)はアメリカ版「徹子の部屋」として、多くのファンを持つ大人気テレビ番組です。陽気でジョークの大好きなスター性溢れるMCのEllenさんと、有名無名を問わないゲストとのトークが最大の特徴!豪華セレブ、巷で話題のホットな人々へのインタビューを通して、教科書にも映画ドラマにも無い、よりリアルな会話に触れることができます。

ここで個人的に大好きな動画をシェアさせてください。

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/HWi1a33oojw

実はEllenさんは「ファインディング・ニモ」シリーズに登場するドリーの声優としても有名です。そしてこの回のゲストは「アナと雪の女王」に登場するアナの声優の方!2人の夢のコラボと、絶妙な即興芝居をご覧ください!

 

What would you do?

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/32jBWpwb-SI

アメリカのABC放送での人気番組”What would you do?”(あなたならどうする?)。少し目を背けてしまうような様々なシチュエーションを用意し、それに対峙したアメリカ国民がどのように反応するのかをモニタリングするというもの。人種差別、貧困、売春、ドラッグ、同性恋愛など、偏見やステレオタイプに溢れる社会に一般の方々がどう向き合うのかを観察することができます。

個人主義と言われるアメリカですが、それは「他人は他人」ということを意味しているのではなく、「個を尊重し、自分の考えを持ち、それを伝える」という日本人に足りない部分をとても強く意識している精神です。モニターされている方々は、目の前にある違和感のある状況を黙って見ていられず、アクションを起こします。そこに現れるリアルな英語には迫力と説得力があります。

 

動画でプレゼン・教養・試験対策YouTubeチャンネル(中上級者~上級者向け)

最後のジャンルはちょっと難しいめのものを用意しました。日本語字幕を付ければ初心者の方も楽しめるかと思いますが、教材として使うなら英字幕が最低条件。英語でのプレゼン、スピーチ、教養を深めるための教育チャンネル、テストでハイスコアを狙うためのチャンネルです。ネイティブの方もこの動画で楽しんでいるくらいなので、もちろん理解するのは容易ではありません。それだけに英語学習教材としては申し分がありません。

 

TED

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/8S0FDjFBj8o

各分野の識者、第一線で活躍する人々がプレゼンをするというシンプルな内容の動画。会社説明や通販番組とは異なり、一定のフォーマルさと熱のこもった英語に触れることのできる、非常に良質な英語学習教材として非常に人気があります。

英語ネイティブだけがプレゼンをしているわけではなく、第二言語として、英語をツールとして自らのテーマを人前で語るものあり、そこから「大切なのは英語の上手い下手ではなく、伝えようとする想い」に気付くことができます。様々なジャンルとテーマがあるので、自分の興味があるものを見つけて、軽い気持ちでまずは見てみてください。

 

TED-Ed

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/7SWvDHvWXok

TED-Edは上記TEDのプレゼン動画とは異なり、世の中にある意外な事実、新しい発見、興味深い事柄をアニメーションを通して知ることのできる動画です。使われる単語がやや難解なこともあり、とっつきにくいですが、映像がかなり丁寧に作りこまれているため、多少知らない言葉に遭遇しても、その理解を助けてくれます。

IELTSやTOEFLではここで取り上げられる学術的な話が問題として取り上げられますので、この動画を通じ多くの事実や見解に触れておくことで、予備知識をつけることが可能です。

 

British Council IELTS

(YouTubeで観るなら:https://youtu.be/UawwTSzaZzk

こちらのチャンネルはIELTSを運営しているBritish Counsilが、IELTS受験者のためにその勉強法や高得点のためのtipsを教えてくれる公式動画ガイドです。 4技能、タスク別にアニメーションを用いて丁寧に解説してくれているため、ただやみくもにIELTSの勉強をしている方にとっては目から鱗の発見があるかもしれません。

 

まとめ

YouTubeには英語学習教材になる素晴らしい動画があふれています!

いかがでしたでしょうか?今回紹介した10のチャンネル、ユーチューバー以外にも英語、その学習法に関する動画、ネイティブの自然な会話を感じる動画、テスト対策系動画などがたーくさんあります。もちろん、日本語ではなく英語で検索するのがコツです。英語の学習はすればするほどあなたの世界を広げ、勉強することがさらに楽しくなるんです、まるでランナーズハイのように。

  • この記事を書いた人

田島直人

東京都生まれ、埼玉県育ち。埼玉大学教育学部で技術教育を学ぶ。高校時代に演劇に出逢い、俳優を志すも挫折。その後救急医療スタッフを経験。世界一周を夢み、フィリピン留学。2014年9月~現在までフィリピンの語学学校でマーケティング部長とスーパーバイザー、日本人向け音読クラス講師を兼任。

-英語
-,

Copyright© COLORPHIL , 2019 All Rights Reserved.